Event is FINISHED

スクリーンで見る コメディ・フランセーズ ~スカパンの悪だくみ~ Les Fourberies de Scapin : la Comédie française sur grand écran

Description

昨年秋に引き続き、フランスで最も盛んにライブ・ビューイングのコンテンツを提供しているパテ・ライヴのカタログから17世紀の劇作家で古典喜劇の完成者モリエール作『スカパンの悪だくみ』をご紹介します。別名≪モリエールの家≫とも呼ばれるコメディ・フランセーズで、1500回以上も上演された不朽の名作『スカパンの悪だくみ』。今回ご紹介するのは、その最後の上演から20年の時を経て、名優ドゥニ・ポダリデスの演出により満を持してよみがえったバージョン(上演日:2017年10月26日)となります。2017-2018年のシーズンの幕開けを飾った本作で、フランス演劇界の神髄コメディ・フランセーズによる贅沢な舞台をご堪能ください!

『スカパンの悪だくみ』Les Fourberies de Scapin
あらすじ:商売のために船で町を離れていた父アルガントの帰還の知らせを受けたオクターヴは青ざめる…。父親が商売仲間ジェロントの娘と自分を結婚させようとしているものの、オクターヴは父の不在をいいことに既に恋人のイアサントと結婚してしまったから。困り果てたオクターヴは悪知恵の働く従者のスカパンに助けを求める。一方、恋人のゼルビネットを身請けするため、大金が必要となったレアンドルもまた、スカパンに助けを求める。どちらの願いも請け負うが、如何にしてスカパンは、頭の固い父親たちからお金を巻き上げ、若い恋人たちの恋の成就を助けるのだろうか?

全3幕・喜劇
作:モリエール、演出:ドゥニ・ポダリデス、美術:エリック・リュフ、衣装:クリスチャン・ラクロワ
製作:コメディ・フランセーズ、配給:パテ・ライヴ、撮影:ドミニク・ティエル
出演:バカリ・サンガレ(シルヴェストル)、ジル・ダヴィッド(アルガント)、アデリーヌ・デルミー(ゼルビネット)、バンジャマン・ラヴェルネ(スカパン)、ディディエ・サンドル(ジェロント)、ポーリーヌ・クレモン(イアサント)、ジュリアン・フリソン(オクターヴ)、ガエル・カミランディ(レアンドル)
上映時間:2時間10分(休憩なし)
上演日:2017年10月26日
言語:フランス語・日本語字幕付き

バンジャマン・ラヴェルネ Benjamin Lavernhe(スカパン)
1984年8月14日、フランス・ポワティエ生まれ。2012年のコメディ・フランセーズでのデビュー以来途切れることなく様々な役をこなし、自身の演技の可能性を示し続けてきた。自身も盟友である演出家ドゥニ・ポダリデスに本作『スカパンの悪だくみ』で主人公のスカパンに抜擢され、観客と批評家からの称賛をほしいままにして以来、数々の古典劇に出演。また、舞台活動と同時に多くの映画作品にも出演し、『最強のふたり』のオリヴィエ・ナカシュとエリック・トレダノ監督コンビによる『セラヴィ!』で第43回セザール賞有望若手男優賞にノミネート。2019年には第45回セザール賞助演男優賞にノミネートされた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』を含む7本の出演作がフランスで公開され、若手きっての演技派として舞台、映画に活躍中の今、大注目の俳優である。

【首都圏1都3県の緊急事態宣言解除への対応について】
首都圏1都3県での新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言の解除を受け、アンスティチュ・フランセ東京のエスパス・イマージュでの映画上映は、21時までに終了いたします。プログラム、また座席制限などの措置は、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によって変更が起こりえます。変更がある場合は、アンスティチュ・フランセ東京の公式ウェブサイトやSNSを通じてお知らせいたしますので、ご確認ください。なお、引き続き下記の通り感染予防対策を行っております。ご協力の程、お願い申し上げます。

  • ソーシャル・ディスタンスを守るため、チケットの販売枚数は定員の50%までといたします。ホール内では間隔を空けてのご着席にご協力いただけますようお願いいたします。
  • 各上映の間には換気しております。
  • 館内ではマスクの着用をお願いしております。エントランスにて体温測定を実施し、風邪の症状や37.5度以上の熱のある方の入館をお断りすることといたします。 また、手指の消毒など感染防止策へのご協力をお願いいたします。

Après une première édition à l’automne dernier, l’Institut français du Japon vous propose d’assister à une nouvelle projection d'une captation de la Comédie française sur grand écran, dans le cadre de notre partenariat avec Pathé Live. Sera proposée la très célèbre pièce de théâtre de Molière, « Les Fourberies de Scapin », mise en scène par Denis Podalydès lors de la saison 2017-2018.

LES FOURBERIES DE SCAPIN
Comédie en 3 actes (sans entracte)
De Molière
Mise en scène Denis Podalydès
Scénographie Éric Ruf
Costumes Christian Lacroix

Octave et Léandre voient leurs amours contrariées par leurs pères, très autoritaires, qui rentrent de voyage avec la ferme intention de les marier à des inconnues. Ils remettent leur destin entre les mains du rusé Scapin, habité d’une folle envie de revanche…

PRODUCTION COMÉDIE-FRANÇAISE
DISTRIBUTION CINÉMA MONDE PATHÉ LIVE
RÉALISATION DOMINIQUE THIEL

Bakary Sangaré : Silvestre, Gilles David : Argante, Adeline d’Hermy : Zerbinette, Benjamin Lavernhe : Scapin, Didier Sandre : Géronte, Pauline Clément : Hyacinte, Julien Frison : Octave, Gaël Kamilindi : Léandre

Institut français du Japon – Tokyo – Mise à jour des informations sur les mesures relatives à la situation sanitaire (à partir du 22/3)

Compte tenu de l’évolution de l’épidémie de Covid-19 au Japon, et prenant en compte les directives communiquées par les autorités japonaises et la levée de l'état d'urgence à Tokyo à compter du 22 mars, la direction de l’Institut français du Japon a décidé, en accord avec l’ambassade de France au Japon, de prendre des mesures s’appliquant aux publics et aux personnels afin de contribuer à la lutte contre la propagation de l’épidémie, au sein de ses antennes de Tokyo et Yokohama.

Concernant les projections cinéma organisées à l’Espace Images de l’IFJ-Tokyo :

  • Les horaires des projections sont aménagés pour terminer avant 21h.
  • Afin de garantir un espacement entre les spectateurs, le nombre de tickets vendus est limité à 50% de la capacité de la salle. Merci de bien vouloir vous asseoir en respectant l’espacement prévu (1 siège sur 2) avec les autres spectateurs.
  • La salle de cinéma est aérée entre chaque projection

Le port du masque est obligatoire dans l’ensemble de l’Institut. Une prise de température est obligatoire à l’entrée, et toute personne ayant plus de 37,5 ne pourra pas accéder à nos bâtiments. Les visiteurs sont invités à se conformer aux recommandations de prévention consistant en un lavage régulier des mains à l’eau et au savon, ou le cas échéant avec les solutions anti-bactériennes mises à leur disposition. Nous remercions les personnes présentant des symptômes de rhume et/ou ayant de la fièvre à s’abstenir de participer aux événements proposés.

Toute modification de programme sera communiquée sur le site internet et fera l’objet d’une information sur les réseaux sociaux de l’Institut français du Japon (Twitter et Facebook).







Fri Apr 23, 2021
5:45 PM - 7:55 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一律 / tarif unique SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
新宿区市谷船河原町15 Japan
Organizer
アンスティチュ・フランセ日本 (東京・横浜)
5,343 Followers

[PR] Recommended information